気軽にポエムを書いたり読んだり日記のようなポエム投稿サイトです。どうぞご自由にお入りください。

「2006年9月」の記事一覧

夢のあなた

9PV

恋愛スタイル

なぜきみは僕の夢に出てくるのだろう きみのことなんてとっくに忘れたハズなのに どうしてなの?きみのこともっと知りたくなったの こんなにきみのこと想っているのは世界であたしだけ 目が覚めたら夢にきみが出てきたこと覚えてた […]

消せない気持ち…

9PV

恋愛スタイル

あなたを想うこの気持ちは どこへ届ければいいの あなたへはきっ届かないから 私の心にしまっておくよ あなたを忘れたい嫌いになってしまいたい でも私の心のすみっこにまだいるの 消せないの このまま愛しつづけて苦しむのは私 […]

純情恋歌

8PV

恋愛スタイル

いつの間にか住みついていた リアルな気持ちが恐かった。 重ねた口づけの意味を。 今は想ってたい。 抱きしめたい。君を。 心配性すぎな貴方は電車に乗せるのを嫌がる。 「大丈夫なのに。」 と言えば 「俺が嫌なの。」 と言われ […]

恋文

11PV

恋愛スタイル

好きです… 同じクラスになった時から… 初めてあなたを知った時から… あなたの優しさ… あなたの笑顔… 負けず嫌いなトコ… 素直じゃないけど実は凄く照れ屋さん… 人を笑顔にするのが得意なあなた… 勉強はダメでもスポーツ万 […]

あなたが残した物…

8PV

恋愛スタイル

私…あなたが居なくなって一度も泣かなかった…。 あなたが居ないのはすごく辛くて、寂しい…。 だけど、あなたは限られている命の灯火を消そうとしなかった…。 長い命なんかよりあなたは夢を叶えようと自分の命を精一杯生きて…。ど […]

先輩・・・

36PV

恋愛スタイル

あなたに告白したことを 決して後悔してません だってこんなに好きだから この気持ち抑えきれなかった でも1つ後悔だけしてる それはあなたを好きになってしまったこと 叶わないってわかってた わかってたのに それでもあなたが […]

ごめんね

20PV

恋愛スタイル

ごめんね。ごめんね、いろいろ。 けどね、楽しかったんだ。 あなたと目が合うたび、なんかすごく嬉しかったんだ。 大好きだったの、本当に。 本当に好きだったの。 一緒にいるだけでもよかった。あなたといれるなら。 でも、それだ […]

世界一

16PV

恋愛スタイル

あなたの存在を否定したくなるくらい惹かれてて あなたに出会って変わってゆく自分を認めれなくて あなたが笑ってるとつい自分も笑顔になって あなたと楽しく喋ってる人を見ると嫉妬して羨ましくて あなたが落ち込んでるとなにも手が […]

永遠に片想い

10PV

恋愛スタイル

人間って疲れるときって 寂しいものなんだよ。 あなたに優しく離しかけてもらいたくて… あなたにこの疲れで空いてしまった心の穴を閉じてもらいたくて… あなたに癒してもらいたくて… ギュッて抱きしめてくれるあなたが必要だった […]

Unrequited Love

9PV

恋愛スタイル

好きだよ。 やっと諦められたと思ってたこの恋。 無理やり諦めて, 一歩ずつ一歩ずつ。 あの人を見ないように,あの人を好きにならないように, 一生懸命頑張ったよ。 やっぱり…でも,やっぱり… あなた以外にいい人なんてもう居 […]

8PV

恋愛スタイル

日々の中の生活で 立ち止まることさえ許されない 苦しく時という渦中でもがいている僕ら 偶然そのとき遠くに見えた 光 その光の向こうには輝いた世界に僕は見えた いつか僕もそこの光の輝きに満ち溢れた世界に行けるかな いや 行 […]

月光

9PV

恋愛スタイル

私の隣にはあなたがいて 心の中にはあの人がいて 古い傷隠しながら 何を望んでいるの? あの人の傍にはきっと ・・・きっと他の人がいて あなたの傍で 私は微笑む ただ今を・・必死で あの時手を伸ばせば 届いていたのかもしれ […]

♡自分の気持ち♡

9PV

恋愛スタイル

ふられたくらいで諦める私ぢゃなぃ・・・ だって自分の気持ちに嘘はつきたくなぃから! あなたが私を嫌いなら別れなきゃいけないのは 分かってる・・・。でもね、私があなたのコト好きで いるのゎ私の自由でしょ!?だって誰にだって […]

あなたへの想い

9PV

恋愛スタイル

あなたへの想い ずっと分からずにいた。 毎日会えることがあたりまえすぎて 気付かずにいた。 だけど今、本当の気持ちはここにしかないから。 あなたのことずっとずっと愛してた。 ずっとずっと想ってた。 あなたがいなくなってか […]

貴方へ。

11PV

恋愛スタイル

貴方へ。 ------------ いつも側にいてくれてありがとぅ。 ----------------- そんな貴方が大好きでした。 ----------------- 私が泣いている時、「もぅ、大丈夫だょ。」って言って […]

ページの先頭へ