男心をつかむ恋愛テクニック

意中の人に悩み相談
悩みを打ち明けることによって、「あなたを信頼している」というメッセージを伝えることができます。
男性は、悩みを打ち明けられることで自尊心に火がついて、自分が頼りにされていることの嬉しさを感じ、自分にそれだけの存在感や価値があると認識します。
ただし悩み相談は、漠然としたものを伝えるよりも具体的に相談する方が効果的です。
自分の内面にある悩みを打ち明けることにより、相手との距離を縮めることが期待できます。
また「クロージング効果」も期待できます。クロージング効果とは外からの繋がりを閉じて、2人だけの空間を作り出すことです。

ギャップ
男女を問わず人は、大きな変化に対して強く反応する心理を持っています。
人はギャップと言われるものに心惹かれてしまう傾向にあります。
普段はバリバリ仕事をこなす人が仕事以外ではおっちょこちょいだったり、いつもクールな人がたまに見せる笑顔が可愛かったり、外見と中身のギャップが大きければ、より印象度がアップします。
とくに意中の人にだけギャップを見せることで、相手は自分にだけ特別な一面を見せてくれていると感じます。ただし、良いイメージから悪いギャップを見せてしまうと、そのギャップは必ずしもプラスには働くとは限りません。

好意の返報性
心理学では、自分が好意を示すことによって相手も好意を示してくれる「好意の返報性」というものがあります。
相手を振り向かせるために、どんどん自分の好意を相手に伝えていきましょう。
もちろん全ての好意が必ず返ってくるとは限りませんが、やらないで後悔するよりは、積極的に伝えて言った方が良いでしょう。
ただ、いきなり「好きです」という気持ちを伝えるのは考えものです。ゆっくり時間をかけて自然にさりげなく好意を伝える方が効果的です。

ほめ上手
人はほめられると悪い気はしません。ほめられることで相手は少なからず好意を感じます。
とくに、他人は知っているけど自分は知らない自分をほめられると、喜びを与えてくれた人に対して特別な感情を持ちます。
つまり、相手が気づいていない長所をほめることで、特別な存在となってより親密な関係を築くことが期待できます。

表情やしぐさ
人はメッセージの伝達方法として言葉を使いますが、言葉以外の伝達方法ではるかに多くのメッセージを伝えていると言われています。
つまり人は言葉以上に表情やしぐさといった「見た目」から、相手の好意をくみ取っているのです。
表情やしぐさから相手に好意を伝えることも、言葉以上に大事なメッセージの伝達法なのです。
たとえば意中の人と話す際に、相手に目を合わせたり、体を同じ方向に向き、身を乗り出したりすることで、言葉にしない好意を伝えのも重要なポイントです。

距離
「男女間の物理的な距離が近いほど、心理的な距離も縮まる」という法則があります。
これはボッサードの法則といい、アメリカの心理学者ボッサードが発見した法則です。
調査結果から、遠距離恋愛から関係を維持できるのは約3割程度だと考えられています。一方で住んでる距離が近いほど、結婚する確率は高くなっていきます。
好きな人の近くにいることがシンプルで有効な恋愛テクニックです。
ボッサードの法則を応用すると、意中の人があなたのことを好きなのか嫌いなのかを見分けることができます。
あえて相手との物理的距離を縮めてみましょう。相手が遠ざかろうとしないで、もっと近づこうとしたならば、相手はあなたのことが好きか、好意をもっていると判断できます。

告白のタイミング
人間には思考力や判断力が低下する時間帯があります。
人間の活動能力が最も低下する時間帯は夕暮れどきだと言われています。
この時間帯こそ、告白を成功させるのにベストな時間帯だと言えるでしょう。
また告白するタイミングも重要なポイントです。
ピーク・エンドの法則というものがあります。
ピーク・エンドの法則というのは、何かひとつの出来事が起こった時、その出来事の印象を決定づけるのは「ピーク」と「エンド」、「絶頂」と「終わり」というものです。
デートの最後に自分の気持ちを伝えることで、相手に強く印象づけることができるのです。
↓人気優良サイトです