読切小説
[TOP]
メルの冒険
しずかな森のずっと奥のほうに、フクロウさんたちのお家があります。

メルもその中のひとりです。

メルはお月さまやお星さまと、大の仲良しです。

フクロウさんたちは昼間寝て、夜に活動するので、

メルのお友だちも自然と、お月さまやお星さまになりました。

でもメルは思いました。

(ボク、お月さまもお星さまも大好きだけど、おひさまにも会ってみたいな・・・)

メルは昼間の世界も見てみたくてたまりませんでした。

そこでメルは、おとうさんとおかあさんに言ってみました。

「ねェ、おとうさん、おかあさん、ボク、昼間を見てみたいんだ」

「ほう、メルは昼間を見たいんだ、昼はいいぞぉ、

おひさまがキラキラ照らしてて、新しい友達もいっぱいいるしな、

いちど新しい世界を見るのも大切なことさ」

「うん、ボク、行ってきます!」

「メル、ひとりで大丈夫?

昼間はとってもまぶしいのよ、目が痛くなるから気をつけてね」

「うん大丈夫、うんと気をつけるからね、おかあさん」

メルはみんながいろいろ働いているなか、

ひとりでおうちのベットに入りました。

(あー あしたが楽しみだなぁ・・・)

メルはあんまりうれしくて、なかなか眠れませんでした。



ジリリリリリ・・・

目覚し時計の音で、メルは目がさめました。

「ふあぁ 朝だ、朝だ、さぁて」

「メル、もういくの?」

「メル、昼は森さえも変わる、森の外ならなおさら。

なにがあるか、わからないのだから心して行くんだぞ」

「メル、気をつけて、けっしてムチャしてはダメよ。

なるべく早く帰ってらっしゃいね!」

「うん、わかった。じゃ行ってきます! おとうさん、おかあさん」

さぁ いよいよ見知らぬ世界へ出発です!



ちょっっぴり冷たい風が、メルのほっぺをかすめていきました。

「わー いい気持ち!」

メルは朝の空気を思いっきり吸い込みました。

朝は明るくて、生まれたての露をいっぱい浴びた草のにおいがしました。

「そうだ!おひさまに会いにいこう!」

メルはお空の上のほうで、あったかい光をなげかけてる、

あのおひさまのもとへ、一直線に飛んでいきました。

けれど、おひさまに近くなればなるほど、

あつくて、まぶしくて、もう目をあけていられないほどでした。

「あとすこし、もうすこし・・・」

そのうちメルは目の前がフッと暗くなり、からだがフワッとして、

そして急に下へまっさかさまに落ちていく感触をおぼえました。

「あぁ・・・ ダメ、落ちる・・・」



ここは山のふもとの小さな街はずれ。

野原で遊んでいた夢子は、うしろでドスン、という音にビックリしてふりむいた。

「ワン、ワン!」 「ブチ!」 「キャンキャン!」 「タロ!」

と、そこに何かあります。

「なんだろう」 「なーに、なんかいたのか?」 さとる君が言いました。

「あれなんだろ、トリかな」 近づいてみると・・・

「やっぱトリだよ。なんだろね、あんまり見たことないな」

「あ、これフクロウじゃん!」

「う〜ん そういえばそうだね。ちっちゃいね、フクロウのあかちゃんかな、

かわいそうに、しんじゃってる?」

「さぁな でもなんでこんなとこにいるんだ?」

さとるが触ろうとすると、それまで動かなかったフクロウが急にビクッとしました。

こっちもビックリして思わずあとずさり。



メルは目がさめたとき、

なにがなんだかサッパリ理解できませんでした。

目がだんだん明るさに慣れてきて、やっとまわりが見えてきました。

(あれ・・・ ここどこだろ・・・)



「よかったぁ このコ生きてたんだぁ!」 (わッ だれ!)

「ねッ かわいいね、このコ持って帰りたい」

「でもいいのかなぁ、これどっかの家で飼ってたりして」

「エー でもそうは見えないよ。きっと仲間とはぐれたんだよ。

どっかケガしてるかもしれないし」

「まッ いっか! ちょっとぐらい」

さとる君はメルをそっと胸にだいて、

「なぁ オマエ、どうでもいいけど、なんでこんなとこにいるの?」



「あぁ どこに連れてかれるんだろ・・・」

メルは不安がいっぱいでした。

「これはたしか人間っていうんだ。ずっと前おんなじの見たとき、

おとうさんが教えてくれたっけ。

でもこの人、前見た人より小さいみたい・・・」



「ゆめ、おかえり。 あれ、なにそれ、スズメ? ハト?」

「フクロウだよ、おかあさん、みて、スゴイでしょ!」

「ウソォ、ホント? どれ ・・・そういえばたしかにフクロウだね、どうしたの」

「空から降ってきたんだよ。きっと仲間からはぐれて迷ってるうちに、

なにかで落ちちゃったんだよ」

「う〜ん、でもなぁ フクロウってふつう夜行性だったような・・・

なんでこんな時間にいるんだ?」 さとる君が言いました。

「だから夜のうちに仲間からはぐれたんだって。 ねェ、飼っちゃダメ?」

「えー それはどうかな、だってフクロウ飼ってるなんて聞いたことないしね。

それにただ迷っただけなら、ちゃんと野生にもどしてあげなきゃ。

それにうちにはブチもいるし」

「ハァー ちょっとおしいけど、やっぱ放してやるか」

「・・・わかった。でもホラ、このコここんとこケガしてるよ、

帰すのはこれが治ってからでいいでしょ?」

「うん、まッ それならいいんじゃない」

「うん! じゃあたしガンバッて看病するから」

「さとる、ホラ、ここんとこキズできてる。ここだけだと思う?」

「うーん たぶん・・・ わかんないから獣医さんに見せたら?」

「・・・そうしよっか」

さっそく近くの獣医さんにみてもらうことに。

「せんせ、どう?」

「・・・うん、羽の裏のかすり傷以外、どこもわるくないみたいだな」

「よかったぁ、あんな高いところから降ってくるんだもん」

「きっとやわらかい草の上だったから、あんまりケガしないですんだんだよ」

「ホントよかった! ありがと、せんせ!」



メルはいったいどうなることかと、ずっと身をちぢめていました。

でも今こうして、羽に薬をつけてくれてるらしい人はお医者さんで、

この人たちはボクを助けてくれたんだと、メルは思いました。

(よかった、この人たちはいい人たちなんだ・・・)



「じゃーなぁ、ゆめ子」

「うん、あしたねー」

さとる君とわかれて家に帰った夢子ちゃんは・・・

「あれ、そういえばフクロウって何食べるのかなぁ、せんせに聞いてくればよかった」

「ねェ、フクロウさん、キミは何が好きなの?」



「・・・?」

メルは何か話しかけられてるとわかっていても、何て言っているのかわかりません。



「そうだよねー キミに人間語がわかればいいのにねー」



それから何日かが過ぎていきました。

メルはここにいるみんなが大好きになりました。

みんなとてもよくしてくれます。

でもやっぱり森のみんなも気になります。

「おとうさん、おかあさん、どうしてるかなぁ、心配してるだろうな」



「ゆめ、あのコの羽も治ったみたいだし、そろそろ放してあげようか」

「でもこんなところで放したら、また迷子になっちゃうかも・・・」

「今度の日曜にでも山のほうまで連れていくよ」

「・・・そういえばそのコが来たの、たしか先週の日曜だったから、ちょうど一週間だね」

「フクロウさん もうすぐお別れだね」



「・・・ ・・・」



日曜日の朝

メルは言葉はわからないけど、なんとなく感じることができました。

この人たちともうすぐサヨナラなんだって・・・



「おはよう!」

「さとる、はやく!」

「さて、それじゃ行くか」

夢子ちゃんは家族のみんなと、さとる君といっしょに、フクロウさんを送っていきます。

車でしばらく行くと、緑の山並みが見えてきます。

そのむこうには森があります。

山道をずっとのぼって、フイにおとうさんが車を止めました。

「このへんでいいかな」

車をおりてみると、そこはまわりを山でかこまれた、

わりと大きな、野原のようなところでした。



「さぁ お別れだね、フクロウさん。

もう迷ったらダメだよ、キミのおうちはきっとこっちにあるよね」

「・・・うん いままでありがとう、ゆめこちゃん」

メルはこの人は、ゆめこっていう名前だっていうのを覚えました。

ほかの人の名前までは覚えられませんでしたけど・・・



「フクロウさん 元気でね!」

「また街に来たら遊びにこいよ!」

夢子ちゃんは抱いていたフクロウさんを空にむかって放しました。



メルはうんと力をこめて舞い上がりました。

「さよならみんな、きっとみんなのこと忘れないよ!」



「さよなら!」

「さよなら フクロウさん!」



メルはおひさまの光がまぶしいのか、目がチカチカして涙がでてきました。

でもおとうさんやおかあさんの待つ森をめざして、

いっしょうけんめい飛びつづけました。

「おーい!」

遠くのほうで声がしたようで、メルはちょっと振り返ってみました。

けれど、たくさんの山があるだけでした。

「さよなら、ゆめこちゃん、さよなら、みんな・・・」

そろそろ色づく木々の中を、

森をめざしてメルは飛びつづけます・・・

15/12/03 03:29更新 / 未来

TOP | RSS | 感想

まろやか投稿小説 Ver1.53c