読切小説
[TOP]
夢の国のレビン
ここに、いつの頃からか言葉を失った少年がいました。


その夜、夢を見た。

夢はしょっちゅう見るけど、その夢はへんだった。

ミョウにリアルで・・・・・・。


ボクはひとりで野原を歩いていた。

そしたら目の前にとつぜん、洞窟があったんだ。

どうしよう・・・ こんなとこに入らなきゃいけないの?

べつにいいじゃん、

こんなとこ入んなくてもこのまま野原を行けばいいじゃん。

いつものボクならもちろんそうしたさ。

でも、ここはぜったい入らなきゃいけないって、なんかすごくそう思うんだ。

だから思いきってその穴の中へ一歩を踏み出した。

真っ暗でとってもこわかった。

引き返したいけど出来なかった。

白いキモノの女の人がいたらどうしよう・・・ 大トカゲの住み家だったら?

想像はボクの心臓を突き破って、数秒後にはボクはきっと死ぬんだ。

ふと、前のほうで何かが光った気がした。

もしかすると外へ出られるかも?

一目散に走り出した。

そしたら外にはちがいないけど、いままでのとこと、ちょっとちがってた。


川のほとりに何かいる。

イヌ? カバ? ウシ? なんだ?

もうちょっとそばに行ってみよ・・・

ツノだ・・・ 死んでるの?

「ふぁ〜 ん? なんだオマエ・・・」 (ビクッ)

「へんなカッコだな、クンクンクン・・・ ハ〜ン さてはオマエ人間だろ」 (・・・・・・)

「なんでここにいるんだ?」 (・・・・・・)

「どっから来た?」 (・・・・・・)

「オイ、なんとか言えよ」 (ううん ううん ダメダヨ、ボクは・・・ ・・・ 声が出ないんだ、

紙とえんぴつがあれば話せるよ)

ボクは必死でそのことを伝えようとした。

「なんだ、オマエしゃべれないのか? ふん、んなもんココにはない・・・

もう、とちゅうで起こしちゃ困るじゃないか! もう一度寝なおし、寝なおし!」

(・・・・・・)

「あ〜眠れない、目が覚めちまった」

「オマエ、ハラへっただろ、ちょっと来いよ」

そのコは川の上をピョンピョンと渡って、むこうの木のほうへ行った。

ボクがグズグズしてると、

「オーイ、早く来いよ! ・・・だいじょぶだって! 落ちたら死ぬだけさ」

(そんな・・・ よく言うよ。 だけどなんて透き通った水なんだろう。

見てると吸い込まれそうだよ。 ・・・そうさ、きっとボクはここでおぼれて死んじゃうんだ)

じっと水をのぞきこんでたら、なんだか勝手に足が入ろうとする。次には水の中にいた。

ドキドキしながらなんとか真ん中へんまで進む。

(もうちょっと・・・ もうちょっと・・・ あっ!)

小さな岩の上でとつぜん足がすべり、あわや水の中へ・・・!

と、それより早くそのコの手がボクの手をつかんだ。

「ホレ、はやく」

そのコがひっぱってくれて、なんとか向こう岸に渡れた。

(ありがとう・・・ キミってちっちゃいくせに力あるんだね)


「レビン! おはよー! 今日もいい天気ね」

「よう! ラビ、なんだ、そんなに持ってちゃ降りるの大変だぞ」

「平気よ、このくらい。 ・・・あっ ひゃ〜〜!」 「ホレみ、いわんこっちゃねぇ」

誰か木のてっぺんから落ちた!

「あーあ、しっぱい、しっぱい、あー チェリーが・・・」

ボクの足元にリンゴみたいなのがころがってきた。

「あ、ありがとう、キミ。 そうだ、これあげる。落っこったやつじゃないよ、

食べてみて、おいしいよ」

食べてみると、すっごくあまくておいしかった! (これってなんだろう?)

「レビン、今日はナッツのたんじょうパーティだよ。もうじき始まるから早くおいでよ」

「おっと、そうだった、忘れてた。 おいオマエ、ラッキーだな、

今日はウマイものハラ一杯食えるぜ!」 (え、ボクも?)

「そうよ、キミも、さ、急ぎましょう!」 (ボクもさそってくれるの・・・)


ふたりに連れられていったところは、野原のように大きな庭(?)のある小さな家だった。

もういっぱい人(?)がいた。

庭にはテーブルがいくつもあって、どのテーブルにもいろんな料理がいっぱいのっかっていた。

「さあ、ケーキが焼けたわよ〜! みんなそろってる〜?

ナッツ、ナッツはどこ? ・・・ナッツ、こっちきて」

「わぁお!」 「ひゃっほう!」

ひとりのコが前に出てきてローソクに火をつけた。

「さあ、イッキに火を消すのよ」 「うん!」

ナッツって呼ばれたコが、いっしょうけんめいにフーフーしながら火を消した。

「わあわあ!」 「おめでとう!」 「おめでとう、ナッツ!」

「えへへ・・・ サンキュ!」 「わあわあ!」

「ではみなさん、どうぞめしあがれ! この日のための特別料理よ」

「わぁーい!」 「待ってました!」

ボクもみんなにまじって食べた。 いっぱい食べた。

こんなにおいしいもの生まれてはじめて!

どこかで唄が聞こえた。

楽器の演奏も聞こえてくる。

走りまわって遊んでる子達もいる。

ボクも仲間に入れてもらっちゃった!

食べものもおいしかったけど、みんながボクに話しかけてくれるのがなによりうれしかった!

(そういえばレビンはどこいったんだろう?)

捜してると、いたいた。

「あー 食った、食った。 はちきれるぅー」

レビンは草の上にごろんとあおむけに寝っころがった。

ボクもその横にすわった。

「ん? どうだ、おもしろいか?」 (うん!)

ボクは精一杯うなずいた。 「そっかー」

(うん、ホントにこんなに楽しいのはじめてだよ。

あー でもこれは夢だよね、もうすぐみんな消えてなくなっちゃうんだ、レビンも・・・」


急に空が曇ったかと思うと雨が落ちてきた。 それはあっというまにどしゃぶりに。

川の水があふれ、イッキにここをおそってきた。

テーブルは押し流され、みんな大きな木に登ったり、しがみついたり必死だった。

水しぶきの中から何かが頭をもたげた。

とっても信じられないけど、それは大きな大きな大蛇だった!

今にもみんなを飲みこむいきおいだ。

(た、たいへんだ、ど、どうしよう・・・ レビン、レビン起きて、起きてってば!)

眠ってしまって一瞬逃げるのが遅れたレビンの後ろからは、

あっというまに近づいてきた大蛇が・・・

(あぶない!) まさに飲みこもうとした瞬間、

「やめて!!」

そのとき、大蛇はフッとかき消すように消えて、水も引き、雨も止み、

今のことがウソのように・・・

「フゥー ・・・どうやら間に合ったみたいだな・・・」

レビンがそう言って、ボクを見て笑った・・・。


気がついたら自分のベッドの中だった。

「やっぱり夢だったんだ・・・ ? ?! ボクしゃべってる!!」


そうだったんです。

目が覚めたとき、少年は声を取り戻していたんです。

「レビンありがとう、きっとキミが直してくれたんだね!」

少年は紙を取り出して、レビンの絵を描きました。

「ボクはぜったいキミのこと、忘れないよ。」
15/12/03 03:30更新 / 未来

TOP | RSS | 感想

まろやか投稿小説 Ver1.53c