投稿ポエム


[HPに戻る] [トップに戻る]  [注意事項と規則] [作者・作品検索] [ランキング] [管理用]

気に入った投稿ポエムには、きちんと評価してあげましょう。

No.377 投稿者:心 投稿日:2008/04/28(Mon) 20:40

君≡命

いつだって君は
ころんでも弾かれても
あの子を見てて
そんな君の後ろ姿
しか見れなくて
いつも僕は
君の背中追っている

この広い世界で
「君」という宝石に
出会えたこと
もう奇跡とよぶしか
ないだろう?
このたくさんの人の
中で君に恋をしたこと
もう奇跡しか
ないだろう?

僕はね、
君の笑顔の理由に
なりたいんだ。

僕はこんなに
君が好き。
届かなくとも
届かなくとも
君が好き。

だからいかないで
いかないで
いかないで
誰かのものになんか
ならないで

こんなのわがままかな?
けど君が僕をここまで
本気にさせたんだよ。

「好き」という気持ち。
それだけのことなんだ。
それなのに僕等は
どうしてこんなにも
お互いを傷つけあうの?

現在の評価: (5)




- Poem Writer v1.42 -