投稿ポエム


[HPに戻る] [トップに戻る]  [注意事項と規則] [作者・作品検索] [ランキング] [管理用]

気に入った投稿ポエムには、きちんと評価してあげましょう。

No.2365 投稿者:卍❤悪羅蝶❤卍 投稿日:2011/12/27(Tue) 21:26

みんなに。

『ひとりじゃないから、あたしが君を守るから、あたなの笑う顔が見たいと思うから。
時がなだめてく痛みとともに流れてく日の光が優しく照らしてくれる。』

こんな歌詞。

あったっけ。

あたしゎ。

君の笑顔がもう一度見たくて。

もう一度。その笑顔をあたしに向けてほしくて。

・・・いっぱいいっぱい努力した。たくさんたくさん泣いたんだ。

、、、みんなに迷惑ばっかかけて。

。。。だけど。忘れられなかった。

でも。

痛みも、。辛さも。君との思い出も。

なにもかも。

どんなに時間が経ったって消えることなんてなかった・。

あたしが。その思い出を。消すこともなかった・。

忘れようとした。

アドレスもけした。喧嘩もした。何度も何度も、、、忘れようとした。

なのに。

忘れることなんてできなかった。

口で。『忘れた』って言って。笑顔でいたって。

心の中ゎ。全然忘れられてなくて。表面ゎ笑顔でも。心の中なんて全く笑ってなくて。

『作り笑い』



 こんなことまで。いつの間にか覚えてた。

知らないうちに。『作り笑い』ばっかりだった、。

『作り笑い』ってさ。

みんなに嘘ついてるってことだよね。

あたしゎ。。。みんなに最低なことして。

いっぱい迷惑かけて・・・

なのに。。。

みんな相談のってくれて、

『ひとりじゃないよ?』

って言ってくれて。

・・・キミのこと・・・

忘れるなんて、、、何年先の話かわかんない。」

でも。いつか。

君のこと忘れられるときだって、、、くるよね?






どんなに時間が経ったって、、、

いつか忘れられる時が。必ずくるよね?

あたしゎ。。。その時を信じて。

、、、いつまでだってまつから。








  『どんなに叶わない願いでも。願い続ければ、。必ず叶う』

現在の評価: (2)




- Poem Writer v1.42 -