出会いSNS PCMAX(PCマックス)

投稿ポエム


[HPに戻る] [トップに戻る]  [注意事項と規則] [作者・作品検索] [ランキング] [管理用]

気に入った投稿ポエムには、きちんと評価してあげましょう。

No.1554 投稿者:美華咲 投稿日:2011/10/03(Mon) 14:41

最後の恋


 わたしにとって
 あなたがすべての人でした。

 初めて出逢ったときから
 あなたに一目惚れをして。


 どれだけあなたを
 想ったのかな?

 1度振られたって
 友達としてもしゃべらなくなったって
 あなたが気になって
 仕方がなかった幼いわたし。


 少し大きくなって
 色んなことを考えれるようになって
 それでもやっぱり
 わたしの好きな人は
 あなたでした。


 2度目の告白が
 叶うなんて夢みたいでした。

 幸せな時間だった。
 数えきれないくらいメールしたね。
 何回も何回も照れながら
 キスをしたね。


 大好きだよ
 愛してるよ
 ずっと俺と一緒にいてな


 あの言葉はもう聞けないの?
 ずっと一緒にいてくれるんじゃなかったの?

 他のヤツと幸せになってな
 俺なんかよりもいっぱいいるから


 …いやだよ。

 わたしにとって誰よりも
 一緒にいてほしかった人。

 初めてこんなに
 誰かを好きになったの。

 あなた以外と
 幸せなんかになりたくないよ…。


 言えない。
 あなたにはもう届かないから。
 もうわたしとあなたには
 また前みたいに
 距離が少しずつ大きくなっていく。

 それは愛しあった分だけ
 深く、暗く。

 ねぇどうしたら忘れられる?
 どうしたらあなたに
 笑顔でまた会える?

 分からない。
 こんなに切なくなるくらいなら
 逢いたくなんかなかった。
 出逢いたくなんかなかったって


 想えないの。
 あなたといれて
 本当に幸せだったから。
 毎日が輝いてたから。

 3度目の告白は
 あなたに言える日は来るのでしょうか?

 「ばかじゃん」

 そう言いながら照れて
 笑ってくれますか?

 あなたとわたしの赤い糸は
 まだつながっていますか?

 切れていませんか?

 わたしはそっと
 糸を強く強く離さないように
 何度でも結ぶよ。

 あなたを1番大切に
 想っているから。

 誰よりも。何よりも。


 大好きだよ…


 願わくば
 あなたともう一度


 またあの日のように
 またあの頃のように

 戻れるときが来る日まで――――…。




現在の評価: (43)




- Poem Writer v1.42 -