投稿ポエム


[HPに戻る] [トップに戻る]  [注意事項と規則] [作者・作品検索] [ランキング] [管理用]

気に入った投稿ポエムには、きちんと評価してあげましょう。

No.850 投稿者:天羽 投稿日:2010/09/08(Wed) 20:53

旅人の哀歌



ひっそりと見上げた月は 悲しみを映し

目を細め見た太陽は 喜びを映した


答えを探し 追いかけ 見失う

いつも通る道なのに いつまにか 迷走している


道の先に何があるのか わかる旅人は居ない

「何があるかわからないから面白い」

そう、彼は言った


「もし、戻れなくなったらどうする?」

そう問うた。  彼は 答えた。

「そのまま そこに溺れてしまえばいい。」


ひっそりと見上げた月は 嘆きを映し

目を細め見た太陽は 希望を映した

現在の評価: (3)




- Poem Writer v1.42 -