投稿ポエム


[HPに戻る] [トップに戻る]  [注意事項と規則] [作者・作品検索] [ランキング] [管理用]

気に入った投稿ポエムには、きちんと評価してあげましょう。

No.230 投稿者:聖夜 投稿日:2006/04/10(Mon) 16:25

「夢」





儚い夢の記憶と消えそうな声


側で微笑む君がいた


まるで昨日の事のように憶えている


分かち合う喜びも


奇跡のようなあの出逢いも


今では雲に隠れる月のよう


薄れてゆく記憶の中で


君だけは心の中でいつまでも咲かせていたいから

現在の評価: (61)




- Poem Writer v1.42 -