投稿ポエム


[HPに戻る] [トップに戻る]  [注意事項と規則] [作者・作品検索] [ランキング] [管理用]

気に入った投稿ポエムには、きちんと評価してあげましょう。

No.227 投稿者:りあ 投稿日:2006/04/09(Sun) 12:15

教室

教室ににぎやかな声が響きわたる
あなたの声にうとうととしてしまう
教室の窓の景色を見ながらいつも思い浮かべるあの日

初めてみたあなたはとても優しく声を掛けてくれた
私が泣いていたとき
「大丈夫?」
っと声を掛けてくれた
そのときはただ優しいと思っただけだった

同じクラスになって見てるうちに優しさがどんどん見えてきた
それから私は好きになった
いや、あの出逢った日からからかもしれない

同じ教室にいるのに別の世界の人のように
私と性格も全然ちがう

いつも教室で友達と話している姿
やっぱり輝いている

この教室からながめる景色のように

私なんて全然輝いてないのに
自分が憎い
教室の中で一番自分が憎い

みんな一人一人輝こうとしている
私を何をした??
っと、自分に問い掛ける
でも理由などわからない

どうかこんな私でもあなたの声をずっと聞いていていいですか?
輝いているあなたを見ていてもいいですか??

あなたの事をずっと好きでもいいですか???

現在の評価: (46)




- Poem Writer v1.42 -