あなたの想いがあの人に届きますように。

 

From. 七世.
/mail

No Subject

君と出会って6年かな。
君は覚えてないかもしれないけど、
私は君と出会ったときのことを
今でもはっきり覚えています。

第一印象はあまり良くはなかったかな...

でも、からかわれてた私を助けてくれた君は
まるで王子様みたいでした。

そのとき、感じたことないような気持ちもでてきて。


それが、私が君に恋した瞬間でした。


同じクラスになかなかなれなくて話す機会も
だんだん少なくなって。
寂しかったなぁ。。。

でも、塾の帰りの時間が
君のラグビーの帰りの時間と重なって
会えたときは嬉しくて泣きそうでした。

私が気付かないときは声をかけてくれる。

いつもありがとう。

こんな私だけど、
もっともっと君のことを好きでいさせてください。

2016/1/22/(Fri) 22:40

この記事に返信する

 

From. NIKE
/mail

No Subject

だいすきだったんだよ。
君の笑顔。 おひさまみたいな、ぽかぽかするその笑顔
いつのまにか、君を見つめていて
だけど、君の隣という特等席には、もうあの子が座っている。 幸せにね。 君のことが好きでよかった。
ありがとう。  バイバイ

2016/3/13/(Sun) 14:19

この記事に返信する

 

From. umbrella
/mail

No Subject


元カレが忘れられない。

前はそーだったのに。

いつからか君が大好きになって。

君以外考えられなくなった。

積極的な君が好き。

今度ギューッてしてくれたときに言うね。

"私のこと好きすぎでしょ!"

って。

2015/6/6/(Sat) 11:53

この記事に返信する

 

From. 雪苺*
/mail

No Subject

早いものですね。
貴方と始めて会ってから
もう三年以上が経ちました。

進学先までわざわざ追い掛けてきてすみません。
鬱陶しくてしつこくてすみません。
でも貴方と居たかったんです。

次の貴方との別れが
永遠の別れになるかもしれません。

貴方は貴方の道を
私は私の道を
それぞれ歩んでいくのですから。

だからせめて。
せめて今だけでも。

ただ貴方の隣の席に
座り続けることを許してください。

2015/11/30/(Mon) 22:51

この記事に返信する

 

From. 桔梗
/mail

会いたくて

街はハローウィンで彩られています

早いものですね

キミと別れて7ヶ月

わたしはまだ

キミのことが好きです

忘れようとすればするほど

キミが恋しくなります

このわたしの想い

キミに届けばいいな

2015/10/27/(Tue) 16:32

この記事に返信する

 

From. Ioveeee
/mail

No Subject

君なんか

もう見ない

もう話さない

ずっと我慢してやる

って思ったばかりなのに

いつもの笑顔で話しかけてくる君を見ると

やっぱり嬉しくなって話しちゃうんだ

2015/6/29/(Mon) 16:30

この記事に返信する

 

From. ハナ
/mail

No Subject

君は大雨の中友達とはしゃぎ回ってた

バッカみたい

けど、そんな君をずっと見てた私も

そうとうなバカだった

バカ大好き。

2015/6/26/(Fri) 19:22

この記事に返信する

 

From. ハナ
/mail

No Subject

ちょっかいのかけ方が子供みたいで

馬鹿なことばっかりやってる

なのにすっごく賢くて

すっごくモテて

ホントにズルいよ。。

休み時間、いつも通り君と遊んでた

やっぱり馬鹿な事しかしてなかった

けど、

初めて手を握られた

冷たくて大きいゴツゴツした

君の手

何を思って握ったの?

私と同じ気持ちだったらいいのに

誰にもかえられない位

大好きって思う気持ちだと

後から 涙を流さずにすむのに

ねぇ、

いつになったら

スキになってくれますか?

2015/6/15/(Mon) 16:58

この記事に返信する

 

From. Saya
/mail

No Subject

あんたは、私のことなんて何とも思ってないでしょうけど、私はあなたのことが好きです。

あんたはなぜか、私の恋愛のこと、よく知ってるよね。
私もあんたの恋愛履歴、ちょっとだけ知ってる。

あんたと今も仲がいいHのことを、小3の時に好きだった話、なんで知ってたの?
私は言った記憶ない・・・
まあ、誰かが言ったんでしょうね・・・笑

あなたを好きになる前に私が好きだった人ともあんたは仲が良かったよね。
いつも(私もいたけど)一緒に帰ってた。
土曜日とか、日曜日とかは、、、
私とそいつが2人でしゃべっている写真をケータイで撮って(しかもモノクロ・・・)、私たちをからかった。
あのころは、本当に毎日が楽しかった。
あんたとも、めっちゃしゃべれたし、ほかの人ともしゃべれたし・・・

私は、あのころのようにみんなでしゃべりたい。
今は、学校がバラバラで電車も違うから、しゃべれる人はあんまりいない。
私の近くにいるあのころのメンバーは、あんたたちしかいない。
だから、もっともっとしゃべりたい。

私があの電車に必死で乗ろうとしている理由、わかってる??
もちろん、友達を待たせたくない、とかはあるけど。
最大の理由はあんたの顔を見るため。
本当に、元気かな・・・って思いながら見てる。
でも・・・
目が合わない・下を向いてる
あんたの顔を見れるのは、1秒ぐらいしかない。
以前は顔をあげてたのに。

あんたは私のことなんて、何とも思っていないよね。
今まで顔が上がってたのも、目があってたのもたまたま。
意識してたわけじゃないよね。
でも、私は勘違いした。
だから私はあんたのことを好きになっちゃった。

話がうまくまとまらなくて、変な終わり方にはなるけど、
好きです。
何度も言ってますが・・・
一緒にしゃべってください。
そこからお願いします。

2015/6/13/(Sat) 22:46

この記事に返信する

 

From. ハナ
/mail

No Subject

貴方は誰にでも優しい

誰にだって目を合わして笑う

けど、

授業中はね

独り占めできるの

貴方の笑顔を

ずっと目を合わして笑いあって

ずっとそうだったらいいのになって

思っちゃって

余計に悲しくなっちゃうの

2015/6/13/(Sat) 14:04

この記事に返信する

NEW▲ NEWEST ▼OLD

※該当記事の切手部分にあるラジオボタンをチェックしてご利用下さい。