ポエム
[TOP]
私の幸せ、あなたのぬくもり


青く澄んだ冬空の下



風は冷たく吹き付けてくるけど



その声は春のよう



眩しくも差し込む



暖かい太陽みたいなあなた



私が守りたいって そう思うんだ



その笑顔が見られるのなら



少しでも頑張りたい



苦手な料理だって



「美味しい」ってその一言が聞きたいから



上手に出来るまで作るの



帰りが遅くたって



「ただいま」のその一言で安心したいから



眠くても必死に待ち続けるの



泣いてたらギュってしてくれて



喧嘩してたら仲直りのキスをしてくれて



不器用でわがままな私だけど



あなたへの愛は誰よりも深い



私を大切にしてくれる



優しいあなたが大好き



だからどうか、



ずっと隣にいられるように。



今日も同じ屋根の下



あなたの腕の中、眠りにつく。







16/01/08 21:17更新 / 琉伊蘭

■作者メッセージ
ちょっと大人なカンジです。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c