ポエム
[TOP]
火の鳥
火の鳥を見た
それは白金にまばゆく輝き
見すえる勇気を持つには
あまりに高貴で
穢れを知らぬ美しさだ

火の鳥を見た
それは私の命の歴史をつらぬき
生きることの天命を勘受する
舞台に座る私の眼の前で
現れ出でた永遠の喜びだ

火の鳥を見た
それが与うる永遠の命は
そが生き血ではなく
その心を知ること
そは愛する私の妙美だ

火の鳥を見た
この舞台で人は鳥を知り
火の鳥を仰ぐ
この舞台で鳥は人を知り
火の人を仰ぐ

火の鳥を見た
火の人「と」は五の止「ひのと」で人の証し神証し
私は丁と酉の仲に生まれ
人の姿をした鳥の化身
神理「とり」を世に問え極見山「ふとまに」を

火の鳥を見た
私は
私の
とりを探しに旅に出る
私が見たのは『ひのとり』

18/04/28 19:35更新 / 玉樹 呼人

■作者メッセージ
ガルーダ

TOP | RSS | 感想

読者モデルオーディション★新人大募集!!

まろやか投稿小説 Ver1.53c