ポエム
[TOP]
心のブレーキ




『今日こそ話せるようにっ』


そう意気込んで家から飛び出していく








勇気はあるつもりなんだけど


君の姿を見るだけで


緊張して何も出来なくなる








1番近くにいたい気持ちは


誰よりもあるのに


近づく勇気はなかなか出ない








だからわたしは


わざと大きな声で話してみたり、


わざと大きな動きしてみたり…








気づいてくれないかな?


っていう


わずかな期待を抱いて。








けどそう上手くはいかなくて


君はわたしなんて見向きもしない








なんとか勇気を振り絞って


話しかけてみても


何かうまく笑えなくて


こんなの自分じゃないみたい








君の前では


1番の良い笑顔でいたいのに。








頑張れば頑張ろうとすればするほど


裏目に出ちゃう








まるで


迷路で、あるはずもない出口を


必死に探しているみたいだ








もうこんな意気地なしなわたしは嫌だ…








心のどこかで


『好きって言ったら全部壊れちゃうかもしれない』


『追いかけてる方が楽なんだ』


進むことを恐れ、避けてる








確かに君は


きっと私の事なんて何とも思ってないよね


だからって諦められるわけじゃない


この想いが止められるものじゃないから。








叶わないから諦めて、後悔するよりも


想いを伝えて君に恋して良かったって


思えるようになりたい








言おう。


好きだって、伝えよう。


怖いけどこのままじゃ終われない…!








今こそ、心のブレーキを外す時だ。






15/01/12 23:01更新 / 琉伊蘭

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c