ポエム
[TOP]
魂の夜明へ
きのこ電車に乗りこんで
遠い遠いふるさとへの旅に出る
帰ることのない
ふるさとへの旅に出る
こないだまでのボクの部屋と
見慣れた町の顔たちを
おぼえてたってしょうがない
ボクの情熱の数々を
飛んで来る風景が
次から次へと消し去ってゆく
涙を流してみるがいい
くるくるまわって
過去がボクの首をしめるだけさ

暗闇の中から
ふるさとの声が聞こえてくる
時間の彼方から
永遠が呼びかけてくる

さあ、そろそろ
目をさまさなくっちゃあ!

愛することに
過去を代表させたボクは満足して
感謝して
静かに眠るときなのだ

さあ、そろそろ
目をさまさなくては!
魂の夜が明ける時なのだ
18/04/28 19:16更新 / 玉樹 呼人

■作者メッセージ
マジックマッシュルーム

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c