ポエム
[TOP]
追い続けるもどかしさと君


君を追いかけてきて

どれだけの嫉妬をしただろうか

どれだけの傷を負っただろうか






君は女の子にモテるから

違うクラスにいるだけでも不安なのに

学校まで離れたら

もっともっと不安になっちゃう






一番近くにいたいのに

ずっと隣にいたいけど

私が想いを伝えちゃったら

せっかくここまで縮めた距離が

無駄になっちゃうかもしれない






君に云いたい想いはたくさんあるのに

怖くて言い出せないんだ






だけど…だけど…


私はもう、耐えられないよ。






君と女の子が話しているのを見ると

すごく辛い気持ちになる






君のことを好きだっていう女の子の話を聞くと

ひどく苦しい気持ちになる






君が女の子に興味がなくて

彼女をつくろうとしないのは知ってるけど

どうしても不安になるんだ






ちょっと思わせぶりな態度をされると

「君から告白してくれないかな」って

ちょっと期待しちゃうんだ






想いを伝えることを恐れてたら

叶わないってわってるけど

私の口から「好きです」という言葉はなかなか出ない。






ずっとずっと、

私はもどかしい気持ちと君を追い続けてるまま…。
14/01/04 22:35更新 / 琉伊蘭

■作者メッセージ
私の友達の恋をもとにしました。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c