ポエム
[TOP]
真実。
知らなかった。

あなたがもう付き合っていたなんて。

私が気づいたときには

もう遅かったってー


もしも私が最初から

自分の想いに気づけていたら。

今あなたの隣にいるのは

私だったかもしれないのにー


全部あなたの彼女から聞いた。

彼女は私に謝ってきた。

「…私に謝らないでよ。

全ては私の自己責任だ。

あなたが謝る理由はない」

これは事実だから。

私が無知だった故に

己の身に降りかかってきた不幸だから。


いつか、あなたに謝らないと。

あなたと決着をつけないと。

最後にそう心に決めた私は、涙を見捨て、醜い微笑みを浮かべた。
14/06/18 23:32更新 / 紅色ここあ

■作者メッセージ
これ文字媒体にするの難しすぎるーーー!!(泣)

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c