ポエム
[TOP]
君の、助けになりたい……。
君は最近
なんだかストレスが溜まってるみたい。

部活の後輩の一年生が
君に近付くだけで
それだけでとても…

いらついたような顔をしてる………


私には君が
とてもとても…辛そうに見えて……

何でだろう……
そんな君を見ていると…
泣きたくなってくる……


「大丈夫?」
そう君に聞いても

「大丈夫」と
君は強がるばかり………

君はもしかしたら
私がそんな君に気がついて無いと
そう思ってるかもしれないけど

そんなこと…無いんだよ…?

君はもしかしたら
私がそんな君を心配なんてしてない
そう思ってるかもしれないけど…

そんなこと…無いから……


私はいつだって君を見つめてる
だから君がなんか違うって事ぐらい…
すぐにわかるんだよ?

私はいつだって君の味方だよ?
君の事なんて絶対に否定しないし
「そんなことで悩むな」なんて言わないよ。


相談したら迷惑かも。
そう君は思ってるかもしれないけど……

そんなこと…無いから。


私は…君に
例えどんな事相談されても
全然迷惑じゃないし
むしろ自分を頼ってくれてるって
そう実感できるから
…とても嬉しいのに。



後輩がこんな事を言うのもおかしいかもしれないけど。

本当に辛い時は…
私で良かったら、なんでも相談してよ。
困った時は
話を聞かせてよ。

後輩って
先輩が困った時に
色々手伝ったり助けたり
そういう事をするものだと、
私は思ってる。

だからさ……


話を聞くことしか
私にはできないけど

それでも少しぐらいは
君の助けにはなれると思う

自分の中に溜めるよりは
全部話しちゃった方が
気分的にも楽になると思う。

だからさ……

もう私に愚痴でもなんでも言っちゃっても良いからさ。

そんな辛そうなカオ………
もう、見せないでよね………



私は久しぶりに
君の笑顔が…見たいよ。



私は…
君の、助けになりたいから。

だから……

自分だけで抱え込まないで……………
13/07/07 21:01更新 / 美鈴*

■作者メッセージ
感想など待ってます!

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c