ポエム
[TOP]
夢。
私たちが虹に見とれているとき。

あなたは確かこう言った。

「虹見て喜ぶとかお前らバカか。」

虹を見つけた友達はこう返した。

「えー?なんか夢持てていいじゃん。」

その後は

「ふん、夢持つだけじゃあ生きていけないんだぞー!」

「いや、そんなことないって!」

「お前らはもっと現実を見ろ!」

不毛(?)なやり取りが続く。


でも私に言わせれば、こんな日常だって、

夢の世界に入り込んだようなものなの。

きっと、無くなるときにはあっけなく消し飛ぶんだろうな。

それで、後で思い返して

「楽しかった」って笑えたらいいじゃん。


私は人知れずそんなことを考えながら

友達たちに別れを告げた。
14/06/12 19:04更新 / 紅色ここあ

■作者メッセージ
今日の出来事第二弾。
虹を見つけた約二秒後に始まった話が元です。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c