ポエム
[TOP]
ビリーブ・ラブ
私は、あなたを信じちゃいけない

そう言い聞かせていた

けれど違う

私は信じようとしなかっただけ

ただ傷ついてもいいと思うのに
いざ傷ついたら深い悲しみから立ち直れない


心の何処かで”それ”を恐れているから


誰かを好きになるたび

私は恐かった

今の私に大切なこと


あなたを信じてゆく


あなたが私を信じてくれたように
17/05/25 09:59更新 / Juna

TOP | RSS | 感想


まろやか投稿小説 Ver1.53c