ポエム
[TOP]
君に、また…
君に、また
勢いで告白しちゃいそう

「好き」という二文字が
すでに喉から出そうで…
今、とても悩んでる。

伝えればいいって
みんなは言うだろう。


けど


また告白して

君に、また…
避けられるのがいや

残り僅かな時間を
君に避けられながら過ごすことだけは
絶対にいや


けど、どうしたらいいんだろうね

喉まで出かかってる言葉が
私を息苦しくしてる気がする


だから、私は
マンションの屋上から叫んでみる

「○○先輩、好きだーーー!」
と。
13/06/16 21:49更新 / 美鈴*

■作者メッセージ
なんか変…

感想、アドバイス等待ってます!

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c