ポエム
[TOP]
雨と後ろ姿。

耳をざわつかせる雨。

ポツポツだった雨がいきなり土砂降りに変わった。


でも、君はそんな雨の中マウンドに立ち続けていたね。


そして大雨の中ボールを投げ続けていたね。


体もついこの間までドクターストップかかってたんだよ?


なのに、それでも



君は、ずっと投げ続けてた。



私はそんな君を祈るような思いでみてた。



涙がでそうだった。



どうしてそんなに私をキュンとさせるの?


かっこよすぎて出た涙と


無理しすぎだよ。


と心配で出た涙。



あと一歩で優勝だったのに、


雨の中の試合は惜しくも負けてしまったね。



応援席からみた君の後ろ姿は悲しげで


悔しいって言うのが伝わる。



でも、その後ろ姿は誰よりもたくましかった。



お疲れ様


と言う私に

悲しげに微笑んで


おう。


と言う君。



無理して笑わなくていい。


誰よりもかっこよかったから。



だから私の前では泣いてもいいんだよ?



私はそう言って君をそっと抱き寄せた


野球の帽子で表情はみえなかったけど


きっと泣いてたんだね。



そんな君をみて私も泣いた。



傘もささずに2人で泣きあったね。



今は‥もう君はここにはいないけど



いつかまた会えるよね?



私、また君がピッチャーマウンドで投げてる姿を
みたいな。



14/11/02 06:57更新 / はるか

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c