ポエム
[TOP]
ア ル バ ム


「過去」
君を好きになった三年前。

夕日が輝くグラウンドで、

私の苦くて、でもほんのり甘い初恋が始まった。

それから君に夢中。

君と話すだけでドキドキして上手く話せなかった。

君の笑顔はまぶしくて、でもその笑顔は私だけのものじゃなくて。

君と話すたび、君が笑うたびに、

どんどん好きになっていく。

どんどん夢中になっていく。



決心してある日、出会ったグラウンドで、

君に想いを伝えた。

たった一言。それしか言えなかった。恥ずかしかったから。







<好きです>












「現在」
あんなに輝いていた君の笑顔はもう見れない。

君は遠い。

距離じゃなくて 心 が遠い。

あの時想いを伝えていなかったら、今でも笑いあっていられたの?

告白してスッキリする方がいいの?

でも関係は壊したくない。

どうすればいいのか分かんないよ。

ただ一つだけ分かること、それは・・・


まだ君を好きだってこと。














「未来」
君と私笑いあって幸せなのかなー・・・?

君はどんな未来を過ごしていますか?

私は何をしていますか?









私はまだ君を想っていますか?
13/01/06 21:50更新 / sara

■作者メッセージ

なんか、片想いっていうより失恋ですかね。。。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c