ポエム
[TOP]
【無題】
……早、半年。
今も貴方は私の隣にいない。



貴方の側に在りたいと
努力をしていたのは何時だったか

思い込みって怖い
隣にいられる確証などないのに


彼処に行けばまた貴方の隣に居られる
そう信じていた


あぁ、貴方との距離はは昔よりも遥か遠く
話すことすら無くなってしまった

それでも貴方を忘れられないのは
貴方がそうやって笑うからですか

貴方がそうやって

時折私に手を差し出すからですか
15/11/22 20:38更新 / 美鈴*

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c