ポエム
[TOP]
【バイバイ】


“ ×× と付き合いたい。 ”





あ、今か…


私は、そう思いました

終わりがもうすぐそこだって
わかってた


ただ、
こんなに近いと思わなかった





“ それでも居てくれる? ”



そう言ってくれたキミに

私は


答えられなかった




本当に、本気で

ずっと、一緒に居たいよ



でも、

ごめん


まだ、キミに愛されてると思ってて

キミのくれた言葉が忘れられなくて



他の子といるキミを

見守ることなんかできなくて







本気で

全て終わろうと思った



キミのいない将来
キミのいない明日

キミのいない毎日



生きていけるほど

私、つよくないって





キミは



人生壊してごめん

遅いかもしれないけど

もう壊したくない




そう、言った




いつでもキミは


自分の感情より

私の将来を考えてくれてた








全然、気づけなかった…



ただ、

選ばれなかった

愛されなくなった


そう思ってた




あとから、

キミの友達で大切な人で

そして、
私を妹だと思ってるって言ってくれた人に


教えてもらった



“ 大切な時期だから、

自分が居たら、何もしなくなっちゃうから ”



“ 僕のことじゃなくて

自分のことをしっかり考えてほしい ”


“ 僕が居ればなんでもいいなんて言ってほしくない ”







いつでもキミは

私のために思ってくれた







教えてもらうまで気づけなかった私は


今まで

何を見てきたんだろう



今まで、

なんで知ってると思ってたんだろう







本気で後悔した

いや、してる









だから


私は明日で




このキミへの想いと






さよなら します







つらい
苦しい

やめたい






でも、


今のままじゃダメだから



ちゃんと自立して

前を向いて

胸を張って



キミの隣にいられるように

キミの隣を勝ち取れるように





大切な想いにさよならします


まだ、つらいから

少しずつかもしれないけど





また


キミを好きだと言える日まで










【 バイバイ 】






【 また、会おう 】
15/03/28 02:28更新 / 通りすがり

■作者メッセージ
長い間ありがとうございました。
ポエム通り、少し自分を見つめ直そうと思います。

また、帰ってきます。

いつになるかはわかりません。
でも、絶対に帰ってきます。

その日まで、さようなら。

TOP | RSS | 感想

読者モデルオーディション★新人大募集!!

まろやか投稿小説 Ver1.53c