ポエム
[TOP]
それは、愛してはいけない青でした。
白い雲に覆い尽くされ
隠れて見えない青を探して
溜め息ひとつ

鞄につけた小さな鈴が
渇いた音を鳴らす

美しく輝いていたそれは
汚れて、くすんで
光を失くして眠る

冷たい風の吹く季節
空の青を染み込ませた
マフラー首に巻いた君
幸せそうな、微笑み

澄んだ音りん、と鳴らして
笑い合う、君と僕


…そんな夢を、思い描いた

幸せだった日々を
鈴に入ったひび撫でながら

思い出す

空の青も
君の青も


溶けてなくなった

その青が、恋しい
15/07/09 22:24更新 / 美鈴*

■作者メッセージ
それは、愛してはいけない青でした。

そしてそれはまた、

知ってしまってはいけなかった

シアワセでもありました。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c