ポエム
[TOP]
頭痛
私の頭の中。

での

劇場。


別れた彼

音信不通だった彼

その彼から

連絡がきたんだ。

私は

「どうしたの?」

彼は

「嬉しい。どうしたの?と言ってくれた。」



「…………なんかあったの?」


「君しかいないんだ。そばにいてよ。」


「いいけど。あなたの知ってる私はもぅ、死んでしまって居ないよ?」


「そうなの?ぢゃあ今話してるのは誰なんだよ 笑?」



「きっと、
貴方を愛してた
私の事を言ってるんでしょ?
もう、その私は居ないし、
居たとしても
今の貴方を
愛していないわ。
あのこ。
愛していた人が消えて
いなくなって。

あの子も
悲しみのなかもがき続けて
消えてしまったのよ。

そうね、ちょうど
貴方に出会ってからだわ。
とても可哀想だったわ。

だから
あなたが、
探してる人は
私ではないわ。
残念だけど。

そして、私もよ。

似た者同士みたいだけど。

貴方ではないみたい。

お互い疲れているのかしら。

ゆっくり休まないとね。

またご縁がありましたら。

では。 」
18/10/14 00:13更新 / 22:22の女

TOP | RSS | 感想

読者モデルオーディション★新人大募集!!

まろやか投稿小説 Ver1.53c