ポエム
[TOP]
シンデレラ
魔法使いさん。

あたしにはもう、
綺麗なドレスもガラスの靴も必要ありません。

かぼちゃの馬車もいらないです。

もう必要のないものだから。

いつからだろう、
運命や奇跡を信じ始めたのは、
シンデレラみたいに毎日神様に祈るようになったのは、

『いつかこの思いが届きますよう』って

いつから、思い続けたのだろうか。

夢の中で、
何度思い描いたのだろうか。

なんで、あたしは
今までそれにすがってきたのだろうか。

気づいたの。
遅すぎるかもしれないけど、
そんなの必要ないって。

ガラスの靴なんかなくても、
自分の存在は伝えることができるから。

この思いは自分だけにしかわからないから。
代用なんていらない。

走らなくちゃ!

誰もいない道を全力で走った。




『お願いまだいかないで!』

心の中で何度も何度も叫んだ。

きっとかぼちゃの馬車ならすぐに行けるのだろう。

でもそんなんじゃ意味ない!

自分の足で、
自分の声で、
全部自分で、伝えるんだ!








走って走ってようやく追いついた。

あたしを見たあなたはびっくりしていた。

「どうしたの?」

少し焦った声であなたは言う。


海みたいに美しくて、
世界中のだれよりも幸せになってほしくて、
世界で一番愛しているあなたへ、

「一度しか言わないからよく聞いてね」

もう、後戻りはできない。


「愛してます」


12時の鐘は鳴り終わった。
13/08/22 17:49更新 / 星の銀貨

■作者メッセージ
高校生の時の片思いの時期に思いついたポエムです。

やっぱり口にしないと伝わらない。

ちなみにその彼とは
結婚1年目です^^。

だからあの時伝えて本当によかったです。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c