ポエム
[TOP]
私の王子様


いつも輪の中心にいる君


私はいつも羨ましそうに君を見る


いつからだろう…


もともとは、君のような存在。


輪の中心のような人になりたいと思っていたのに


気づいたら君と同じ輪に入りたい


少しでも君に近づきたい


そう思うようになったのは…



君にとって私はただのクラスメートかもしれない


でもね、私にとって君は


変わろうときっかけをくれた人であり、


本当の好きを教えてくれた人なんだよ


君は知らないと思うけど


君は私にとって王子様なんだよ


恥ずかしくてこんなこと君には言えないけど


いつになったら振り向いてくれるの?
13/08/25 18:17更新 / 浦まる

■作者メッセージ

評価・感想お待ちしています^^

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c