ポエム
[TOP]
俺は…。
最初に君に会ったとき
俺はなんとも思わなかった。

あぁ、
俺はこれからこの人の先輩になるんだな
そう思っただけ。

まさか、君の事を好きになるなんて
思ってもいなかった。

君と毎日会えるのが嬉しくて
君と話すのはとても楽しくて

君と過ごした時間は
今までで一番幸せな時間でした。


けど…ごめん
いっぱい迷惑かけたよな

何回も部活サボったりして
ひとりぼっちにさせて

そのくせ君に無理難題押し付けて
「君ならできるよな」
責任感じさせちゃったり

君が辛そうにしているときも
不器用な俺は慰めることもできず

泣きそうな顔で
無理矢理笑おうとする
強がる君の側に

ただ、いることしかできなかった。

そんな俺だけど
君は俺のこと、どう思ってたのかな?

頼りない先輩だとか思われてても仕方がないけど

…嫌われてなかったらいいな。

だって。

こんな俺が
こんなこと言うのもどうかと思うけど

…君のこと、好きだったから。
13/12/14 22:54更新 / 美鈴*

■作者メッセージ
…なんとなく書いてみました。


感想など待っています。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c