ポエム
[TOP]
もぅ…なくなって。
今日部活に行ったら

前までそこにあった君が

いつの間にか…消えていた。


準備室の棚
私の楽器の隣に
ぽっかり空いた空間

前まで君の楽器が
置いてあった、場所だよね。


前まで。
昨日まであったものが

きれいさっぱり、消えていた。


もぅ……君はいなくなってしまった。
もう、君がここに来ることはない。

……そうだよね。

私と違って……

君はもう、この部活の人じゃないもんね。


……せめて。

取りに来る前に
一言欲しかった。

だって
急に無くなっちゃったら
びっくりしちゃうでしょ??



君の私物が置いてあった棚
乱雑に詰め込まれた紙は
イベントとかで使ったたくさんの小道具は
もう、どこにもなくて。

掃除用具と
一枚の紙が入っていただけだった。


「とりあえず置いていったけど
使うも使わないも、雪苺の自由にして。」

そう書かれた一枚の紙

私はそれを丁寧に折り畳んで

鞄にそっと入れた。



君がもうここに来ることはないだろう。

そして。


もう君と話すことも笑うことも


君と一年間過ごした
この音楽室では


もう、ないだろう。




私は独り

準備室の前で

静かに……涙を流す。
13/10/29 17:56更新 / 美鈴*

■作者メッセージ
感想など待っています。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c