ポエム
[TOP]
ドロップと恋模様
一つ目の恋、
ただ甘い夢だけを見ていただけのイチゴ味。

二つ目の恋、
少し切なく後味が妙にきれいだったレモン味。

三つ目の恋は、
薬みたいな味で、ほろ苦く嫌いだったハッカ味。

四つ目は……


何が出るかなって思いつつ、
缶からドロップを出してみる。

オレンジ。

酸っぱくて、甘くて舐め終わった後
もっともっと欲しくなる。

これが今、一番大好きな人との恋の味。



振り返ると、

いろんな恋の味を食べてきた。

嫌いな味だったり、好きな味だったり。

辛かったり、たくさん泣いたり、

そんなことは、食べてみるまでわからない。



だから恋って楽しい。

何もわからないから楽しい。

最初から自分の思いどうりの恋なんてつまんない。

たくさん恋をして、自分自身も大きくなれた。

どんな恋も、

あたしにとっては大切な大切な思い出だ。

そんなことを思いながら、
今一番大好きな恋の味を食べながら、



「早く帰ってこないかな…」


オレンジ色の空の下、オレンジの恋の余韻に浸りながら

あなたの帰りを待った。
14/02/17 19:53更新 / 星の銀貨

■作者メッセージ
今日の出来事。

恋って楽しいこともつらいところもありますよね。

でも、

それでこそ恋って楽しいんだと思います。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c