ポエム
[TOP]
【キミのびっくり箱】




『ね、なんか話して?』




キミは迷うことなく


「むかしむかし…」


…と、即興で昔話を話してくれた

おばあさんが竹取に行ってるよ
おじいさんが川で洗濯してるよ





『しりとりしよ?』



キミは楽しそうに頷き


「りんご!」って言った

私が続けて何を言っても
「りんご」としか返さない

楽しそうでなによりです







『大人しくしててな?』



「うん!!」


うん…ベッドぎしぎし鳴ってるよ?
とりあえず、飛び跳ねるのをやめようか








『どこ住んでる?』




「カナダだよ!!」

『遠いね』

「うん!だね! 首都のねキャベラに住んでるよ!」


ん?…なんか違う気がするよ






『名古屋行ってくるね?』


「名古屋県って遠い?」

まず、県じゃないかな
あと、隣だよ?





『ん?これ何描いたの?』



「えー、うなぎだよー」

『え、ぁ、うん、そうだよね!』


なまずだと思ってごめんね?






キミの頭の中は

びっくり箱みたいで


キミの言葉や行動の一つひとつが

可愛くて仕方ないのです



14/01/17 01:58更新 / 通りすがり

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c