ポエム
[TOP]
放送。
体育祭。
みんなも結構疲れてきた
午後の時間のグラウンドに

いきなり君の声が響きわたった。


え?
君は放送担当じゃないでしょ…?
私は一瞬戸惑った。

けどいつものかるーいノリと
前は毎日聞いていたあの声を。

なんで君が司会をやってるのか。
そんなこと、気にせずに…

しばらく、君の声を。
最近聞いていなかった、君の声を。

少し笑いながら、
聞いていよう。


君と過ごした幸せな日々を
思いだしながら…。
13/09/22 22:17更新 / 美鈴*

■作者メッセージ
数日前の出来事です。←

感想など待ってます!

TOP | RSS | 感想

読者モデルオーディション★新人大募集!!

まろやか投稿小説 Ver1.53c