ポエム
[TOP]
100日間の記憶。
素敵な夢を見た。

しかしそれは、素敵であると同時に残酷な夢でもあった。


あなたと私が親しくなったときには

既にタイムリミットは刻々と近づいていて

大きなイベントと言えば、後は

私たちの卒業式ぐらいしかなかったんだ。


それは私もわかっていた。

だからか。

小学校最後の思い出になるよう…めいいっぱい楽しんだ。

おかげで、最高の卒業式を迎えることが出来た。


でも、いくらなんでも時間が短すぎた。

短い分濃縮されたのもあるだろうが、私はまだまだ足りなかった。

そのときに足りなかった分は、今でも補充されていない。

いや、恋に気づいた分、逆に空きが増えただけだ。


その記憶が思い出されたからか。

私やあなた、さらに私たちの友達で

みんな、楽しそうに遊んでいた。

そんな、夢を見た。


…全ては元に戻せない、貴重な思い出という名の記憶。

100日間しか与えられなかったあの日常は、素敵で、残酷なものだった。
14/09/11 21:33更新 / 紅色ここあ

■作者メッセージ
回想ポエム。もしかしたら恋愛じゃないかも。。
冷静に考えたら本当に100日前後だから自分でも驚いた。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c