ポエム
[TOP]
今。
もう、あなたが常時私の脳内に居ることは

なくなった。

さらにあれ以来、あなたが好きなのかどうかというのも

考えなくなった。


だってそれを考え出すなら

決心が揺らいでしまいそうだから。

好きな人について問われたら「いない」って言うことにしたし

癖だったあなたのクラスの方を向くこともしなくなった。


そもそも、『諦める』と『好きじゃなくなる』は

全く別の言葉。

よってしばらくは

ちょっとは引きずるかもしれないな。


私は、この恋の自然消滅を待っている。

諦めたのは、これを早めるため。

全ては

あなたと『友達』であるために。
14/09/08 18:10更新 / 紅色ここあ

■作者メッセージ
現状は、友達未満なだけのような気はかなりします。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c