ポエム
[TOP]
届け、あの空に
無垢な夢を追いかけたあの頃
同じ空の下 誓った約束
君はまだ、覚えていますか?

その笑顔に支えられて生きてきた
生きる意味なんて どうでもよかった
それでもここまで来れたのは
君と一緒に歩いてたから

ねえ、どうして君は
輝きを失ってしまったの
いくら叫んでもこの声は届かなくて
自分の無力さに涙が溢れた

何をしてもうまくいかなくて
感じる苛立ち
いくら足掻いても答えは見えなくて
君さえいればってそればっかり

あの声、あの笑顔が
私に勇気をくれた
君の笑顔に支えられて
私は生きてきたんだよ

これからは何を支えに
生きていけばいいの?

お別れなんてしたくない
君がいない明日なんて嫌
さよならなんてできないよ、

だから今日も私は手を伸ばすの
君と誓ったあの空に
いつかまた、君と歩けるように
12/09/22 19:28更新 / 杏奈

■作者メッセージ
初めて投稿しました。


今、初めて作詞に挑戦していて、
悲恋系の歌を作りたいと思ってます。


今後の作詞のために、
まずはポエムを書いて、
たくさん投稿していきますので
アドバイスまたは感想を
頂けると嬉しいです。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c