ポエム
[TOP]
僕の中
どこで僕と君の道はすれ違ったのだろう

手をつないで歩いた道 自転車で二人仲良く帰った帰り道

君に恋した僕はまだ心の中に君への光が灯っている

手に入れたはずの君は僕の手からスルリとすり抜ける

君のまぶしい笑顔 心地よい声 君に名前を呼ばれた時の鼓動・・・

僕はどうすれば君の光を消し去ることができる?

僕の暗い闇から君の光が消えない

今も僕の中には君の光だけ光っている

君はもういないのに・・・

僕はこの先もいない君の光を求め続けるのだろう

愛しい君の美しい光を
18/05/26 20:42更新 / nono

■作者メッセージ
読んでもらえたらうれしいです。

TOP | RSS | 感想

読者モデルオーディション★新人大募集!!

まろやか投稿小説 Ver1.53c