ポエム
[TOP]
青い海と黄色い太陽

「お前の誕生色って黄色なんだって」

ネットで誕生色を調べながら
キラキラした笑顔であたしにそう言った。

花言葉といい誕生色といい
なんでそう乙女な趣味を持っているのだろうか。

「へ〜、あたし黄色なんだ。あなたは?」

「俺は青」

青。

青と言えば真っ先に思い出すのは海。
あなたの笑顔みたいにキラキラ光る水面、
あなたの全部混ぜたような淡くも深く美しい色、
あなたの匂いに似ている潮の香り。

全部、あなたに似ている。

「そう考えたらあなたは海みたいだね」

そういうとあなたは少し目を見開き、

少し考えると
いきなりうれしそうな笑顔を見せた。

「俺が海ならお前は太陽だね!」

「…え、なんで?」

そう聞くと、あなたは少し照れくさそうに









「だってお前がいなきゃ青色になれない」


一瞬で顔が赤くなるのがわかる。

その様子を楽しそうに見て、愉快そうに笑った。
13/08/21 20:04更新 / 星の銀貨

■作者メッセージ
一回、pcにアップした奴です。

最初はここじゃない場所にアップしてました。

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c