ポエム
[TOP]
あの頃
湖面から登る朝日を見たあの頃
波動は心地よくお互いを優しく包んでくれた
触れると君の穏やかで優しいエネルギーを感じた
いつしか灯火が消えるように
何も見えなくなった
何も感じなくなった
君はどこに行ったんだ

18/09/03 13:50更新 / hanakana.

TOP | RSS | 感想



まろやか投稿小説 Ver1.53c